青草新吾の惺々著考 glocaleigyo

エコシステム型の生産財営業でイノベーション共創と好社会を目指す。

薄型テレビやパソコン及び携帯電話の液晶パネルで使われるドライバーICと駆動回路は、TCP(テープキャリアパッケージ)や駆動モジュールとして組み込まれます。

TCP(テープキャリアパッケージ)や駆動モジュールは、テープ配線基板(テープキャリア)にチップ実装したもので、実装方式はワイヤーボンディングとギャングボンディングがあります。今はギャングボンディングのTAB実装が主流です。TABの進化系がCOFといえます。

TAB実装で使用される3層のテープ積層板(所謂TABテープ)から進化した2層のテープ積層板(所謂COFテープ)でCOF実装が行われるようになりました。
液晶などのディスプレーデバイス駆動回路は、マテリアル系生産財で長尺のテープ積層板(CCL)であるTABテープやCOFテープに配線パターンを形成し、ドライバICを実装して製造されます。