青草新吾の惺々著考 glocaleigyo

共創と貢献で稼ぐビジネスで変化対応力を高める(継往開来)。

営業とは事業を営むことですから、起業家や自営業が似合う行動的な方々は何よりも営業向きです。営業に不向きなタイプは特定が簡単です。不向きな人を除けば、プロとしてやっていこうという方々の殆どが営業向きといえます。

営業に向かない人の特定は簡単です。プロとしてやっていく気がない人です。例えば、口先の言葉や数字ばかりで体が動かない人、権威主義的な人、官僚臭い人、威張る人、・・など、目標実現に向けて日々の生活習慣を設計しセルフマネジメントができない人、は不向きです。
営業に不向きな人を除けば、村おこしの先頭に立つ村長さんなど、社会生活を普通に営む人であれば営業に向いているといえます。