青草新吾の惺々著考 glocaleigyo

エコシステム型の生産財営業でイノベーション共創と好社会を目指す。

2007.1.6-2/5 営業とはセールスとマーケティング 事業を営むこと

営業とは「事業を営むこと」ですが、組織の分業では主に「セールスとマーケティング」の機能を指します。日本国の付加価値(GNP)の4割は製造業と製造業由来の派生産業が稼ぎ出していますが、書店では消費財分野を対象とした本ばかりが並んでいます。

生産財とは「川上から川下に向っての製品の属性によって区別する概念」ですから、川上から川下への流れをマクロに俯瞰する場合には有効性が高い概念です。生産財営業の重要な機能は、これらの「顧客関連のプロセス」と「付加価値創造」及び「付加価値からキャッシュへの置き換え(再生産の原資獲得)」を目標実現に向けてマネジメントすることです。
本稿が生産財に係わる方々、例えば川上では生産財の供給者の一員として、そして川下では消費者として係わるプロシューマーの方々、あるいはそれらを研究テーマとしておられる方々の一助になれば幸甚です。日本国付加価値額4割製造業由来で、42(日本国の付加価値額)、43(製造付加価値額の産業別内訳)で前述の通りです。