青草新吾の惺々著考 glocaleigyo

エコシステム型の生産財営業でイノベーション共創と好社会を目指す。

日本国がものづくり競争力を維持していくためには「生産財で基幹となるマテリアル系の材料や部品・デバイスをグローバルに供給し続けること」が必要条件です。

マテリアル系の基幹材料や部品・デバイスのスパイラル展開とイノベーションで世界の最先端を走り続けるためには、国内では先端製品の開発試作製品化量産維持していかねばなりません。そのためには大企業だけでなく、ものづくり支援プロセスを形成する「やり抜く技能を持った中小企業」が繁栄できる社会にしていかねばなりません。
グローバル競争の上では、大衆化したコモディティ製品規格型大量生産はどうしても税金などのインフラコストや労賃が安価な海外生産にシフトしていくことになります。