青草新吾の惺々著考 glocaleigyo

エコシステム型の生産財営業でイノベーション共創と好社会を目指す。

中村修二氏が端緒を切った青色LED以降に動きだした窒化系半導体では、従来のサファイア基板に加えて住友電工がGaN(窒化ガリウム)ウエハーで、DOWAがAlN(窒化アルミ)ウエハーで事業拡大の動きを強めています。

住友電工が独走する上述のGaN(窒化ガリウム)ウエハーに関しては「古河電工が次世代DVDで使われる青色レーザーダイオードで私用される窒化ガリウム基板ウエハーの量産を2007年から月産800千枚の能力で開始、量産後は需要に応じて設備を増設する。」と日経新聞2007年1月28日付が報道していました。
DOWAAlN(窒化アルミ)エピ・ウエハーに関し、レアメタル・ニュース2007年2月8日付はDOWAホールディングスが「同社は窒化物系エピだけでtyle="font-weight:bold;">2008年度は100億円以上の売上を計画。DOWAセミコンダクタ秋田の新工場で(窒化物エピの)稼動を開始、ウエハー口径は5インチサファイア(又はシリコン)の基板上に窒化アルミ層を積層、あるいは窒化アルミ層の上に更に窒化物HEMTエピを積層、という2種類のエピ・ウエハーの量産を開始した。日本ガイシから窒化物半導体に関する技術を導入し、名古屋工業大学の江川孝教授との共同研究で商品化したもの。・・・同社は素材の純度99.9999%の6Nガリウムのトップメーカーでもある。日本のガリウムメーカーはDOWAエレクトロニクス、住友化学日亜化学工業、ラサ工業住友金属鉱山」と紹介していました。
尚、サファイヤ基板ウエハーに関し半導体産業新聞2006年12月20日付は「サファイヤ市場規模は2インチ月産400千枚程度の約80億円規模。サプライヤーは国内で京セラ信光社並木精密古河機械金属、海外ではハネウエル、サンゴバン、台湾のテラクリスタル、クリスタルワイズが知られている。」と報道していました。