青草新吾の惺々著考 glocaleigyo

エコシステム型の生産財営業でイノベーション共創と好社会を目指す。

非鉄製錬メーカーや無機化学メーカーとは別枠で、日刊産業新聞2007年2月19日付がレアメタル上場6社を一覧化して業績を報道していました。

ジャスダック上場で非鉄金属専門商社のアルコニックスは電子・機能材事業で扱うチタンスポンジ、タングステンモリブデンなどのレアメタルや希土類(レアアース)などが自動車、携帯電話などの根強い需要に支えられ事業利益も営業利益で1266百万円と大幅増、東証上場で貴金属リサイクル事業のアサヒプリテックは、電子材料、歯科材料、宝飾加工製造の貴金属原材料回収量が昨年を上回って経常利益6886百万円と前年同期比で81.6%増、ジャスダック上場で工業用貴金属製品のフルヤ金属は12月中間期の経常利益が前年同期比57.3%増の759百万円、東証上場の日本精鉱アンチモン事業が営業利益248百万円と前年同期比で倍増、東邦金属は経常利益346百万円で36%増、東証上場の日本タングステンも922百万円で36%増、であったとのことです。