青草新吾の惺々著考 glocaleigyo

エコシステム型の生産財営業でイノベーション共創と好社会を目指す。

純度99.99%以上のインジウム地金の生産ではトップがDOWAホールディングスで日鉱金属や三井金属も生産しています。

DOWA新地金の生産ではインジウム品位の高い亜鉛鉱石を混ぜ合わせて増産、リサイクルで再生地金の生産でも回収技術を高めて増産に努めているそうです。
日刊産業新聞2007年3月9日付けで「亜鉛鉱石の一般的なインジウム品位は0.01-0.02%程度だが、ボリビア産の品位は0.2-0.3%の高品位鉱。DOWAはこうしたインジウム品位の高い亜鉛鉱石を数種類混ぜ合わせてインジウムの新地金を増産する。(再生地金では)回収技術も高め歩留まりを高めた。尚、新地金生産では、カナダの亜鉛大手のテック・コミンコが05年の30トンから06年は70トンに増産した。亜鉛精錬大手の韓国コリアンジンクも05年の30トンから06年は約55トンに増やした。」と報道されていました。