青草新吾の惺々著考 glocaleigyo

エコシステム型の生産財営業でイノベーション共創と好社会を目指す。

PDPの画素製造工程ではガラス基板に絵付けを焼き固めていくように背面板と前面板を形成していくとのことですが、松下電器の広報では「正に日本ならではの備前焼のような工程」と表現していました。

PDPパターニング(電極誘電体隔壁蛍光体RGB)は感光性ペーストを多用する印刷技術なので「絵付けの焼き物」と比喩されます。83で前述した液晶パネルのTFTパターニングが半導体分野で進化したフォトリソグラフィであるのと対照的です。
PDPパネルの背面板ガラス基板電極隔壁リブ蛍光体を配列した発光体ですが、この背面板製造に関し、松下電器東レの感光性ペースト法隔壁形成技術(≠サンドブラスト法)を採用し、東レ松下プラズマディスプレー(MPDP)に25%を出資して技術供与を行い、背面板ペーストを供給しているそうです。一方で、大日本印刷旭硝子北九州市ディー・エー・ピー・テクノロジーを設立して、同様な展開を図っています。

http://www.toray.co.jp/news/elec/nr981021.html 東レの背面板]
[ http://www.agc.co.jp/news/2001/1005.html ディエーピー背面板]