青草新吾の惺々著考 glocaleigyo

エコシステム型の生産財営業でイノベーション共創と好社会を目指す。

146-3/3. 中国のペテン文化

ペテンという言葉は中国からの輸入言葉で、繃子(bengzi)の日本訛りだそうです。シナ大陸における秦から中国に至る歴史を通して、ペテン師と汚職官僚の跋扈は古代からの漢民族に巣食う伝統のようです。

金文学氏*1は「ウソと偽物作りは、中国の数千年の独裁王朝体制で特別に成熟してきた中国文化の一種でもあり、中国の国民性の大きなファクターでもある。上は下を騙し、下も上を騙す。そして内は外に対して騙す。これが中国的伝統である。」と述べておられます。中国では汚職官僚とペテン師の跋扈は古代からの伝統のようです。慶応高校で教鞭をとっておられた佐久協氏は著書[これが中国人だ]*2で「秦の始皇帝が不老不死を願っていると知ると、神仙の術に精通していると称する方士と呼ばれる術者が各地からやってきました。ほとんどは始皇帝から金品を巻き上げるのを目的としたイカサマ師です。始皇帝は猜疑心の強い性格だったのですが、よほど不老不死に憧れたものか、手もなく騙されています。徐福という方士は不老不死の薬を買ってくるからと大船を建造させ、大金を積んで出港して二度と戻ってきませんでした。日本には徐福の一行が永住したと伝えられる場所が11箇所もあります。こうした偽りに頭にきてゴマすりの虚言を吐く学者460名を生き埋めにしたのが坑儒ですから、まんざら理由がなかったわけでもないのです。・・・始皇帝より後の時代には、方士に不老不死の妙薬と奨められて多くの貴人たちが天然の朱(=硫化第二水銀)を舐めさせられて水銀中毒で死んでいますから、金品を騙し取られた始皇帝の被害はまだしも軽微の部類だったのかもしれません。」と記述しておられます。
別冊宝島[ヤバい中国人]*3では「中国偽札が多く、100枚のうち6-7枚偽札。市民の間ではババ抜きゲーム状態で、うっかり掴まされたら警察に届けるよりも、いかに早く他人に渡すかが重要なのだ。四川大地震半強制募金偽札処分格好のチャンスとなった。・・・中国で模造品対策コンサルタントを行う守屋秀平氏は、公式発表でも中国全土に偽ブランド品の生産工場が100千棟以上偽酒製造工場が・・・・ここまで膨れ上がっている背景には、偽モノといえども国家にとっては税収減となっていることや公安キックバックを受け取っているなどがあります。中国では偽モノ3大タブー案件があります。偽洋酒偽タバコ海賊版DVDです。これらは捜査員調査員必ず謎の失踪を遂げる案件として有名で、軍や公安の中枢が絡んでいるといわれています。」と紹介されていました。産経新聞福島香織記者は、著書*4で「生鮮品を含む食品にもびっくりするような精巧なニセモノがある。・・・人工鶏卵とは殻は炭酸カルシウムと石こうででき、中身は樹脂、デンプン、凝固材、色素、みょうばん、海藻酸ナトリウム、ゼラチン、などでできているとか。(日本人には理解できない考え方かもしれないが)これは鶏を育てて卵をうませるより、手間も時間も元手もかからない。すごくもうかるのだ。4-8倍の利益があがるのだ。・・・人工フカヒレ。素人にはまずわからない。昨年摘発された偽フカヒレは、工業用にかわでできており、発ガン性が指摘されているホルムアルデヒドにひたしてつくっていたそうだ。これを使えばレストラン暴利を得る。・・・中国のハチミツ7割偽ハチミツと推定されている。水飴やデンプンにハチミツ香料と色素がまぜてあるだけ、というならばまだ許せるが、すごいのが硫酸や尿素を添加した硫酸ハチミツ。・・・・中国で多いのが残飯油下水溝油。街のレストランは毎日大量にでる残飯を、農民が豚の餌や肥料用に回収する。だが中華料理は油分が多いので、ブタのエサにするより、これから油を搾り取って売るほうが金になる、と思いついた。下水溝油とは食用油工場などの排水溝やそのちかくの下水から回収した汚水に含まれる油を加工したもの。工業用であれば立派だが、食用として売るヤツ、それを買うヤツ(レストラン即席ラーメン工場など)もあとをたたない。」というように数多の事例を紹介してくれますが、やるせないのが中国式「水に落ちた犬を叩け」とばかりの貧しい農村を狙った悪質な粉ミルクの話。曰く「被害者の多く農村の貧しい家庭で、民事訴訟を維持できるだけの経済的余裕がなく泣き寝入りしている。2004年大頭ベビーと呼ばれる頭が大きくふくれ、熱や下痢が続く被害が続出し、12人が死亡。市場から100千トン以上悪質ミルクが摘発された。タンパク質含有量は、わずか2-3%。炭水化物と脂肪は多いが、カルシウム、タンパク質がほとんど含まれていない上、亜硝酸なども検出された。・・・中高年用粉ミルクでも何ら栄養成分が含まれておらず基準値を超えるヒ素が含有している悪質粉ミルクも出回っていた。」とのことです。

*1:「混(フン)の中国人」金文学著 ISBN:9784396613174

*2:「これが中国人だ」佐久協著 ISBN:9784396111137

*3: [ヤバい中国人]宝島社 ISBN:9784796664479

*4:「危ない中国 点撃」福島香織ISBN:9784863060296