青草新吾の惺々著考 glocaleigyo

エコシステム型の生産財営業でイノベーション共創と好社会を目指す。

営業とは事業を営むことですが、野球でいえばジェネラルマネージャーに相当する投資や全体戦力の強化を担うマネジメントレベルの後方営業力と、53や54で前述のチーム競技的な選手レベルでの前線営業力(組織営業))の両方の営業力が織り成す全社営業力で需要争奪戦が行われます。

前述65のCCFL(冷陰極管)のように市場拡大途上でイノベーションとも隣り合わせの生産財に係わる営業プロセスでは、主要プロセス前線営業力支援プロセス後方営業力が織り成す全社営業力で星取表を埋めていくことになります。
生産財取引では、52で前述の阪本亮一氏の個人芸や藤本篤志氏の小集団チーム芸とは別次元の全社営業力で勝敗が決する場合も多く、前線営業力のリーダーには55で前述の多くの創業者が起業当時に発揮した図抜けた営業力と同様のリーダーシップを基軸とした営業能力が求められます。組織で仕事をするスキルと決断のタイミングがモノを言いますから豊富なデータに加えて身体知五感を駆使した判断力と行動力がキーとなります。