青草新吾の惺々著考 glocaleigyo

エコシステム型の生産財営業でイノベーション共創と好社会を目指す。

良い電子部品は良い材料から(よい中間生産財は良いマテリアル系生産財から)。

電波新聞3月31日付の報道によると、3月30日に京都で行われた村田製作所創業者・故村田昭氏(2月3日逝去84歳)の「お別れの会」で京都商工会議所会頭の村田純一「村田機械」会長が述べられた弔辞「独自の製品づくり、良い電子機器は良い電子部品から、良い電子部品は良い材料から、という方針で率先して経営にあたってこられ、国内はもとより世界の電子工業界に大きな貢献をされた。村田さんが生涯夢を託され続けたセラミックスが人類の豊かな未来を創造していくことを願う」というくだりには、バリューチェーンと顧客関連プロセスの真髄が語られていると感じました。
「良い電子部品は良い材料から」という思考回路には日本の伝統や文化が凝縮された土地柄である千年都の歴史と伝統の奥深さ、はんなりの美意識、清水焼や西陣織あるいは素材に拘る和食の匠・・・日本各地の同様な思考回路が日本のもの作りの強さを支えているもではなかろうか、と思いを馳せました・・。黙祷。